上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ野球巨人の9年連続日本一に貢献し、オリックスの監督を務めた
土井正三氏が膵臓(すいぞう)がんで25日亡くなった。

私は小学生の時、野球少年で巨人戦をTVでよく見ていた。
当時、愛媛でプロ野球のTV放映は、巨人戦しかなく、
おのずと巨人ファンになった。
「巨人の星」の影響が大きかったが。。。
従って、土井さんのことは現役時代もよく知っている。

そんな土井さんと私の接点は、前職のプロ野球マスターズリーグである。
私が「札幌アンビシャス」のチームディレクター時に、土井さんに監督を
お願いし大変お世話になった。
リーグのシーズン時は毎週末、一緒で、現役時代のいろんなエピソードを
聞かせてくれた。
また、マスターズリーグにおいても、勝負への執着心は凄く、
お陰様で「札幌アンビシャス」が優勝することができ、喜びを共にすることができた。

それから、土井さんと最後にお会いしたのが2007年東京ドーム。
私が独立するにあたり、「がんばって会社を大きくしなさい」と励ましの言葉を
くれたのが最後となった。

土井さん、安らかにお眠りください。

心からご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。